パーソナルツール
大学院

研究科長あいさつ


成田研究科長 食生活をはじめとするライフスタイルの変化や高齢化などにより、生活習慣病が増加し、大きな社会問題となっています。その対策として、栄養や食を改善することで病気の発症を予防したり、重症化を防いだりすることの重要性が認識されるようになってきました。このような状況から、人々のライフスタイルや健康状態に応じた栄養管理・栄養指導を行うことのできる、専門的な知識や技能を備えた栄養業務従事者が求められています。管理栄養士をはじめとする栄養業務従事者は、医療、保健、福祉、行政、教育、企業など多様な場において、健康長寿を実現すべく活躍していますが、これらの現場において指導的役割を果たす人材や、そのような人材を養成する教育者は、必ずしも充足されていません。
 医学や栄養学の著しい進歩により、栄養業務従事者は高度な知識・技能を身に着けた上で、科学的なエビデンスを基に人びとの食行動変容を促し、健康増進ひいてはQOL (Quality of Life)の向上に寄与することが求められるようになりました。一方、地域に目を転じると、東北の厳しい自然環境の中、人々は地域特有の食形態を形成してきました。それらは現在、地域住民の健康状態に密接に影響しています。地域の人々の健康寿命を延伸し、QOLを向上させるためには、生活習慣の改善、特に食生活の改善が必須です。そのために必要な栄養管理・栄養指導は、地域の食材や食文化といった環境を把握した上で成り立ちます。山形県立米沢栄養大学大学院(修士課程)はこのような時代と地域の要請を受け、平成304月に開学しました。
 本大学院では、専門科目を「基礎健康栄養科学領域」と「実践健康栄養科学領域」の二領域とし、多様化した栄養課題にそれぞれの視点から対応できるカリキュラムを構築しています。入学定員3名の小規模大学院ということもあり、学生一人ひとりに合わせた授業開講日程や修業年限を設定することが可能で、様々な環境にある学生を受け入れています。大学院で研究を行い、健康・栄養に関する高度な知識や技術を修得するとともに、指導力・実践力を身につけ様々な職場において活躍したいという、明確な意志を持った方を健康栄養科学研究科は歓迎します。

健康栄養科学研究科長 成田 新一郎