パーソナルツール
 

南米に短期派遣された学生が学長に帰国の報告をしました

 「大学の世界展開力強化事業(中南米等との大学間交流形成支援)」の一環として、南米3カ国
(ペルー、ボリビア、チリ)へ、平成30年2月22日(木)~3月14日(水) まで派遣され
 ていた健康栄養学科3年の近江麻央さん、杉村美月さんが、学長に帰国の報告を行いました。
 近江さんは「国によってキアヌの色や大きさ、味が異なった」
 杉村さんは「現地で肉じゃがを振舞い喜ばれた」と現地での経験を語りました。

 大学の世界展開力強化事業についてはこちらをご覧ください。

         帰国の報告を行った近江さん(左)、杉村さん(右)さん          
南米①
      
報告の様子 ①
              
南米②

                   報告の様子 ②

      H30南米報告③