パーソナルツール
大学紹介

学長挨拶

栄養のプロを目指す皆さんへ

 

学長画像 本学は、山形県初の管理栄養士養成課程を有する単科大学として、平成26年4月に開学し、平成30年3月に初めての卒業生を社会に送り出しました。「県民の健康で豊かな暮らしの実現に寄与する」ことを大きな目標として掲げています。また、平成30年4月には、大学院(修士課程)も開学しました。
 山形県のみならず、今、日本では、多くの人々が「健康で長生きすること(健康長寿)」を目指しています。そのためには、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病対策も重要ですが、あらゆる年代における食育を推進して、健康の維持増進に必要な栄養の取り方を学ぶことも大切です。本学では、栄養や食の面から、健康管理を進める「管理栄養士」を養成しています。
 管理栄養士は、国家試験を受けて合格しなければ取得できない資格ですが、本学では、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。また、必要な科目を履修することにより、栄養教諭1種免許状を取得することも可能です。管理栄養士や栄養教諭になるためには、栄養に関する多くの知識や技術を学ばなければなりません。しかしながら、専門知識や技術だけでは管理栄養士や栄養教諭の仕事を十分に遂行することはできません。幅広い教養、深い人間性、人を思いやる心や、コミュニケーション力も求められます。
 本学は、1学年の定員が40人と小規模な単科大学ですので、教員と学生との距離が近く、きめ細かで、丁寧な教育を行っています。勉強は確かに大変かもしれませんが、やりがいや楽しいこともたくさんあります。大学時代は、同じ志を持った「生涯の友」を得る機会でもあります。
 栄養のプロフェッショナル、管理栄養士、栄養教諭を目指す皆さん、是非本学で学んでみませんか。