パーソナルツール
学科紹介

大和田 浩子 学部長・教授

健康栄養学科

Profile

学部長・
教授
大和田 浩子(おおわだ ひろこ)
担当科目 公衆栄養学総論・各論、公衆栄養学実習、総合演習など
最終学歴
学位
東京医科歯科大学大学院博士課程医学研究科
博士(医学)

 

専門分野

公衆栄養学
  

研究テーマ

障がい児・者の健康・栄養状態の把握と効果的な支援に関する研究
  

主な論文・著書

【主な論文】
  1. Ohwada H,Nakayama T,Kanaya Y,Tanaka Y,Serum albumin levels and thier correlates among individuals with motor disorders at five institutions in Japan.Nutr Res Pract.2017;11:57-63
  2. Ohwada H, Nakayama T, Tomono Y, Yamanaka K. Predictors, including blood, urine, anthropometry, and nutritional indices, of all-cause mortality among institutionalized individuals with intellectual disability. Res Dev Disabil. 2013;34:650-5.
  3. Ohwada H, Nakayama T. The distributions and correlates of serum albumin levels in institutionalised individuals with intellectual and/or motor disabilities. Br J Nutr. 2008 ;100(6):1291-6.
  4.  Ohwada H, Nakayama T. Survey on the implementation of blood and urine examinations at Japanese institutions and schools for individuals with intellectual disabilities and/or motor disabilities in 1998. J Nutr Sci Vitaminol. 2007 ;53(5):437-40.
  5. Ohwada H, Nakayama T, Nara N, Tomono Y, Yamanaka K. An epidemiological study on anemia among institutionalized people with intellectual and/or motor disability with special reference to its frequency, severity and predictors. BMC Public Health. 2006;6:85.
  6. Ohwada H, Nakayama T, Suzuki Y, Yokoyama T, Ishimaru M. Energy expenditure in males with mental retardation. J Nutr Sci Vitaminol. 2005;51:68-74.
  7. Ohwada H, Nakayama T. The utility of anthropometric assessment at institutions and schools for individuals with intellectual disabilities and/or motor disabilities: A nation-wide survey in Japan. J Nutr Sci Vitaminol. 2004;50:344-50.
  8. Ohwada HI, Nakayama T. Smoking patterns of university woman students in Miyagi, Japan: the Miyagaku Study. J Epidemiol. 2003;13(6):296-302.
【主な著書】
  1. 「新臨床栄養学第3版栄養ケアマネジメント」(本田佳子 編).共著.2016.
  2. 「管理栄養士養成 カレント臨床栄養学」(明渡陽子・長谷川輝美・山﨑大治 編著).共著.建帛社.2015.
  3. 「カレント公衆栄養学」(由田克士・押野榮司編).共著.建帛社.2014.
  4. 「わかりやすい 給食・栄養管理の手引」(石田裕美 編).共著.新日本法規出版.2013.
  5. 「公衆栄養の科学」(大和田浩子・中山健夫 編著).理工図書.2012.
  6. 「PDCAサイクルと食事摂取基準による栄養管理・給食管理」(由田克士・石田裕美 編著).共著.建帛社.2011.
  7.  「知的・身体障害者のための栄養ケア・マネジメントマニュアル」(大和田浩子・中山健夫 編著). 建帛社.2009.
  8.  「小児保健Ⅱ」(宇佐川浩 編著).共著.建帛社.2008.
  9. 「知的障害者の栄養管理ガイド」(大和田浩子・中山健夫 編著).建帛社.2006. 
     

所属学会

日本栄養改善学会評議員、ポリフェノール学会評議員、日本疫学会、日本栄養・食糧学会、日本公衆衛生学会、日本健康・栄養システム学会、日本栄養学教育学会
 

 社会活動

  1. 山形大学地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)教育プログラム開発委員会委員(平成28年10月~現在)
  2. ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)事業実施責任者(平成27年10月~現在)
  3. 山形県総合政策審議会委員(平成27年4月~平成29年3月)
  4. 独立行政法人大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会専門委員(平成27年5月~現在)
  5. 米沢市農政審議会委員長(平成27年5月~平成28年3月)
  6. 米沢市総合計画審議会委員(平成26年6月~平成27年7月)
  7. 米沢市学園都市推進協議会ワーキング委員会委員(平成26年~現在) 
  8. 山形県国保保険事業推進員会支援評価委員会副委員長(平成26年10月~平成28年9月)
  9. 日本栄養士会雑誌査読委員(平成20年7月~平成26年3月)

 

趣味・関心領域

水泳、温泉、旅行
 

受験生へのメッセージ

 公衆栄養学の知識は、地域の方々の健康保持・増進に貢献するために不可欠なものです。一緒に学んで行きましょう。