パーソナルツール
学科紹介

北林 蒔子 准教授

健康栄養学科

Profile

准教授 北林 蒔子 (きたばやし まきこ)
担当科目
公衆栄養学Ⅱ、臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ、臨床栄養学演習、臨地実習Ⅰ・Ⅱ、基礎ゼミナール
最終学歴
学位
早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程
修士(人間科学)

専門分野

 公衆栄養学・栄養教育・臨床栄養学・食育
 

研究テーマ

幼児及び学童を対象とした食育の取り組みの評価、労働者を対象とした食習慣と生活習慣病
 

主な論文・著書

【著書】
  1. 栄養管理と生命科学シリーズ「栄養教育と健康科学」、理工図書、2014年(共著)
  2. 健康と医療福祉のための栄養学 身体のしくみと栄養素の働きを理解する、医歯薬出版株式会社、2018年(共著)

【論文】
  1.  北林蒔子、丸川久美子、福川美和子、菊池ふみ子、寿円梅子 都内豊島区立の一小学校における学童の食事調査、小児保健研究、42(6) 614~619、1983
  2.  北林蒔子、本間健、根ヶ山光一施設入所高齢者の給食における食事満足度、日本食生活学会、日本食生活学会誌、19(3)266-272、2008
  3.  Shigeru Inoue, Yumiko Ohya, Yuko Odagiri, Tomoko Takamiya, Kaori Ishii, Makiko Kitabayashi, Kenichi Suijo, James F Sallis, Teruichi Simomitsu, Association between Perceived Neighborhood Environment and Walking among Adults In 4 Cities in Japan. Journal of Epidemiology. Vol.20, No. 4 , 277-286, 2009(共著)
  4.  北林蒔子、大谷由美子、高宮朋子、小田切優子、井上茂、石橋弘子、下光輝一、某地方自治体職員における生活習慣及び栄養摂取状況の性・年代・職種別比較、つくば国際大学紀要 医療保健学研究2号、p143-166, 2011(共著)
  5.  北林蒔子、大谷由美子、高宮朋子、小田切優子、井上茂、石橋弘子、下光輝一、地方自治体職員における肥満に関連する食行動についての横断的研究, 総合的健康美学研究、創刊号、p21-29、2011(共著)
  6.  江藤久美、岸田惠津、北林蒔子、三谷規子、諸外国における学童・思春期の学校を拠点とした栄養・食教育に関する介入研究の動向、日本健康教育学会誌、19(3)p183-203、2011(共著)
  7.  吉益光一、大賀英史、加賀谷亮、北林蒔子、金谷由希、マインドフルネスと親子関係、日本衛生学会誌、67(1)、27-36、2012(共著)
  8.  金谷由希、北林蒔子、野口祥子、江面恵子、澁谷貞子、鈴木康文、千葉良子、梅村詩子、医療系大学生における自宅通学者と自宅外通学者の食習慣並びにエネルギー、栄養素及び摂取食品群の比較、つくば国際大学紀要医療保健学研究、3号75-85、2012(共著)
  9.  石橋弘子、高宮朋子、井上茂、大谷由美子、小田切優子、北林蒔子、下光輝一、某地方自治体公務員におけるテレビ視聴時間、中高強度身体活動レベルと肥満の関連、体力科学、第61巻第4号 421-426、2012(共著)
  10.  米山 民恵、大賀 英史、北林 蒔子、斎藤 康裕、岩田 祥吾、幼稚園と保育園の5歳児のためのマインドフルネスとソーシャルキャピタルに基づく食育プログラムの実践、食生活研究、35(6)46-56、2015(共著)
  11.  Fukushima N., Kitabayashi M., Kikuchi H., Sasai H., Oka K., Nakata Y., Tanaka S., Inoue S. Comparison of accelerometer-measured sedentary behavior, and light- and moderate-to-vigorous-intensity physical activity in white- and blue-collar workers in a Japanese manufacturing plant. J Occup Health 60(3): 246-253, 2018(共著)
  12.  Iwasa T., Takamiya T., Odagiri Y., Fukushima N., Hayashi T., Kitabayashi M., Association between recovery experience and mental health in firefighters as compared with clerical staff: A cross-sectional study. Japanese Journal of Occupational Medicine and Traumatology. 66(5): 404-402, 2018(共著)
  13. 北林蒔子 地方自治体職員における葉酸およびその他のビタミンB群の摂取と抑うつの関係について 山形県立米沢栄養大学紀要 第5号 15-24 2018(単著)
  14. Machida M., Takamiya T., Fukushima N., Odagiri Y., Kikuchi H., Amagasa S., Kitabayashi M., Kitayuguchi J. and Inoue S., Bout length-specific physical activity and adherence to physical activity recommendations among Japanese adults. Int. J. Environ. Res. Public Health 16(11)2019 (共著) 
  15. 福島教照,天笠志保,菊池宏幸,高宮朋子,小田切優子, 林俊夫,北林蒔子, 井上茂、仕事中の強度別身体活動および座位行動を評価する簡便な質問紙の開発:職業性身体活動調査票(WPAQ)の妥当性および信頼性、産業衛生学雑誌 (in press), 2019 (共著)

所属学会

日本公衆衛生学会、日本栄養改善学会評議員、日本疫学会、日本ストレス学会、日本健康教育学会
  

社会活動

  1.  静岡県小山町 食育コーディネーター(平成21年~25年)
  2.  茨城県坂東市 学童における食育(平成27年~29年)
  3.  山形県委託事業:「健康な食事」が選択できる環境整備推進事業(減塩プロジェクト)担当(平成30年~)
  4. 県立米沢栄養大学・県立病院栄養管理部門連携協議会 “学生コラボ・おいしい減塩メニュー″の提供および情報発信 担当(平成30年~)
  5. 公益社団法人山形県栄養士会理事(研究教育事業部)(令和元年~)
  6. 米沢市健康づくり推進協議会委員(令和元年8月~)

趣味・関心領域

故郷の特産品【じゅんさい】の普及、料理、パン作り、旅行、米沢鯉の普及
  

受験生へのメッセージ

人は自己実現を目指して、より良い人間として生きていくことが最終目標であり,幸せはお金でもなんでもなく、人のために如何に自分が役立つかだと思います。病院勤務のときに患者さんが涙を流して感謝してくれる経験をいっぱいしました。米沢栄養大学で、本当の幸せを目指して生きていく自分を見つけましょう。