パーソナルツール
地域貢献

減塩プロジェクト事業

~減塩プロジェクト事業とは~

山形県は、

 ①
脳卒中の大きな要因となる高血圧の患者数が多い。
 ②減塩への関心が低い。
 ③食塩摂取量が高い。
 ④減塩するための情報提供や環境作りが不十分。
 ⑤外食、惣菜、弁当の利用頻度の高い人は減塩が難しい。

 

これらの問題に取り組むため、本学と山形県が連携協力して各種事業を実施しています。

平成27年度より行われた本事業は、平成29年度より名称が「減塩食育プロジェクト」から「減塩プロジェクト」に変わり、下記の「『健康的な食事』を選択できる食環境の整備」について活動を行うこととなりました。


Top-1


~プロジェクトの
2本柱~

 『健康プログラム』の開発と普及啓発(平成28年度まで活動)

 ・働きざかり世代(40歳代)を対象とした事業所でのモデル事業を実施し、
 減塩効果の高い「健康プログラム」を開発

 ・市町村、事業所等に「健康プログラム」の成果発表会を開催し、
 減塩啓発やプログラムを活用した健康教室の実施を呼びかける。

『健康的な食事』を選択できる食環境の整備 
 ・本学ホームページによる事業のPR、減塩の情報提供

 ・「やまがた健康食」見本献立の開発とイベントでの適塩啓発

 ・スーパーマーケットと連携した、適塩弁当や総菜の商品化や、
  栄養表示等、減塩を選択できる環境の整備を推進する。


 

「山形適塩弁当」と「おいしい適塩惣菜」~山形県内のスーパーとのお弁当開発~

 
 外食、惣菜、弁当を高頻度で利用する人に、減塩するための情報提供や食環境づくりの一環として、『適塩弁当』並びに『適塩惣菜』の開発に取り組んでおります。

~コンセプト~

学生とのディスカッション風景

○おいしい減塩(適塩)弁当(食塩相当量3g未満)

○山形県ならではの新鮮な香味野菜を使用

○塩分、エネルギー控えめなのにボリュームがある

○野菜は1日分の1/3以上(120g以上)を使用

○春、夏、秋、冬と季節感のある4種類の献立

○惣菜に関しては「定番惣菜に一工夫。減塩なのにもっとおいしい」をテーマに


 

 学生が中心になって試作と検討を繰り返し、コンセプトに合ったレシピを考案。その後、プロジェクト参画機関によって「適塩弁当」として商品化を行い、また、適塩弁当のPRのため、表紙、ポスター、チラシの作成にも取り組んでいます。
 商品化された適塩弁当は各スーパーで販売しています。販売店についてはこちらよりご確認ください。
 学生考案「バランス減塩レシピ」も公開中です。

年度別活動報告

平成27年度の活動

平成28年度の活動

平成29年度の活動


   ~参画機関~

  • 山形県立米沢栄養大学
  • 南陽市食生活改善(母子保健)推進委員連絡協議会
  • 米沢市食生活改善推進協議会
  • 株式会社 おーばんホールディングス
  • 株式会社 山形南生活総合センター
  • イオンリテール 株式会社
  • 生活協同組合 共立社
  • 山形県健康長寿推進課健康づくりプロジェクト推進室
  • 村山保健所
  • 最上保健所
  • 置賜保健所
  • 庄内保健所